お知らせ

日別アーカイブ: 2015年10月16日

カルボナーラのこだわり「卵」

カーサベッラには嬉しいことに、カルボナーラをお目当てに全国からお客様がいらっしゃいます。今日は改めて、うちの看板メニューについてお伝えさせていただきますね。

カルボナーラは通常90g以上でしか作れないレシピですが、40gの少量でも召し上がっていただきたいという思いから、シェフは腕を磨きました。

本物のカルボナーラは生クリームを一切使用しないのですが、火を止めてから卵に火が入りすぎないよう神経を使って仕上げる必要があり、実はものすごくカルボナーラには技術が必要とされます。

これまでカルボナーラを構成する「パンチェッタ」「パスタ」「ペコリーノロマーノ」「胡椒」とこだわってきたのですが、カーサベッラのカルボナーラに相応しい「卵」がようやく見つかりました。

「たかはしたまご」の「萌味(めぐみ)たまご」。

もはや別ジャンル。味にこだわる方、食の安全にこだわる方のために“たまご職人”がこだわり抜いて作った卵は、本当にすごい。

私(妻の里枝です)も試食をさせてもらいましたが、ブランド卵というと濃厚で重たいイメージが勝手にありましたが、思い切り覆されます。軽い。驚くほど軽い仕上がりと豊かな風味が口いっぱいに広がります。

萌味たまごとシェフの出逢いは今から11年前の2004年。当時から日々カルボナーラ作りを研究していたシェフはこの卵の魅力はかなり前から知っていました。しかし、とても高級なのでなかなか雇われシェフとして仕入れるのはハードルが高く、まだ当時は生産も安定していませんでした。

研究は10年以上続いて今に至るわけですが、ありとあらゆる卵を使ってカルボナーラを作り続けてきたからこそ、萌味たまごに再会し、改めてその旨さやこだわり、素晴らしさを理解できたというわけです。

出逢いから10年以上経ち、「萌味たまご」は進化を遂げ、当時よりもさらに美味しさが増したようです。

皆さんも、カルボナーラ、食べてみたくなったのではないでしょうか?まだ召し上がったことの無い方いらっしゃいましたら、ぜひ次回ご来店の際にはご賞味くださいませ。

image1 (3)